拡張カードの注意点|パソコン通販公式サイト|PC-Official Website

中古パソコン

拡張カードはマザーボードに取り付けます。グラフィックスカードや、USB3.0カードなどです。
拡張カードを固定するためのレバーを解除して(ケースによって、ねじのタイプも多い)、取り付ける部分の拡張スロットの保護カバーをはずします。
端子を確認しながらかカードを差し込みましょう。

ケースが小さいときは、ロープロファイルPCIと言う規格のカードを使います。高性能のグラフィックスカードなどは、電源ケーブルが付いているので、接続を忘れないようにしてください。

CPUやメモリの規格

CPU
LGA1155,LGA1366,Socket AM3など
メモリ
DDR3,DDR2など

使える規格はほぼマザーボードで決まってきます。マザーボードのカタログで研究することも、旅行のたびの計画のようなものでおくが深く楽しいと思います。

自作パソコンの部品

CPU
冷却装置(CPUについていないときなど)
マザーボード(マザーボードの種類によって搭載できるCPUなどが決定)
メモリ(多いほうがよい
HDD
電源
光学ドライブ
ビデオカード(3Dゲームをする場合ハイエンドのビデオカードが必要)
サウンドボード
ケース
ディスプレイ
キーボード
マウス
OS

とにかく安いパソコンを作りたい人
長く使う自作パソコン
ゲーム用自作パソコン
パーツ購入の注意点

リンク

中古パソコン・ロゴマーク
中古パソコン中古pc
中古パソコン中古pc

 最近は中古pcでもいいものがあります、
 いい物ではネットゲームもスムーズです
あなたにあった!いい物が見つかりますように。